噛み合わせのズレ

習慣性の噛み合わせ

習慣性の噛み合わせ

皆さんが無意識に噛んでいる噛み合せ(咬合)は、“習慣性の噛み合せ(咬合)”と呼ばれ、上下顎の歯が噛み合う時に、一番安定し噛みやすい位置のことを言います。

この位置は、少しのズレならば問題は起こりませんが、ズレが大きくなると、 顎が疲れたり、歯ぎしりやくいしばりなどが起こりやすくなり、その為に顎関節周辺の筋肉群のバランスも崩れてしまいます。

顎関節を中心とした噛み合わせ

顎関節を中心とした噛み合わせ

本来の顎の位置で撮られた噛み合せ(咬合)の写真です。上顎の凹んでる歯に下顎の前歯が当たっている位置です。 この時の噛み合せを診査すると、上顎前突(出っ歯)の噛み合せでした。

当院の治療の考え方へ戻る

詳細一覧へ戻る

矯正治療の症例

スプリント治療

無痛矯正治療

CT画像診断