頭部・顎関節専用レントゲン装置〜その2

SMVにより座標を計測し撮影した顎関節のレントゲン写真の一覧

右側 〜スプリント前

[右側 〜スプリント前]

左側 〜スプリント前

[左側 〜スプリント前]

噛みあわせがズレて下顎が前方へ位置しているため、顎関節腔が拡大されています。

右側 〜スプリント後

[右側 〜スプリント後]

左側 〜スプリント後

[左側 〜スプリント後]

下顎が本来の位置に戻ったため、顎関節腔も縮小しました。

当院の治療の考え方へ戻る

詳細一覧へ戻る

矯正治療の症例

スプリント治療

無痛矯正治療

CT画像診断