下顎前突(受け口)の非抜歯症例

治療前治療前

 

治療後治療後

治療前治療前

 

治療後治療後

この患者様の場合、非抜歯にて長期間(経過観察を含む)治療を行いました。 下顎前突(受け口)の治療は、時期的(成長期)に長期間治療を行う場合が多くあります。

それは成長期(小学生の高学年から高校生ぐらいまで)に身長が伸びる時期と顎の成長する時期が同じになるからです。 早期に治療し歯並び、咬合わせを改善しても、また顎が成長すると受け口になってしまいます。 その為、経過観察を行い積極的な治療の時期を判断するのです。

治療案内へ戻る

矯正治療の症例

スプリント治療

無痛矯正治療

CT画像診断