下顎前突(受け口)の外科手術症例

治療前治療前

 

治療後治療後

治療前治療前

 

治療後治療後

この患者様の場合、外科的矯正治療を非抜歯で行いました。 骨格的に矯正治療単独では無理な為、外科的矯正治療と診断しました。

外科的矯正治療とは、手術をする前に、矯正治療(術前矯正)によって、 上顎/下顎それぞれが手術によって顎を後方へ移動させた時に、歯並び、咬合わせがしっかりと合うように準備します。

また手術後、リハビリと歯並び、咬合わせの微調整を行います(術後矯正)。このようにして骨格から改善することにより、 顔貌、口元、歯並び、咬合わせを良くしていきます。

治療案内へ戻る

矯正治療の症例

スプリント治療

無痛矯正治療

CT画像診断