院長ブログ

マウスピース矯正ってどうなんだろう?

2018年5月22日院長ブログ

マウスピース型等の矯正装置による治療は、現在、患者さんに使用される事例が大変増加しているようです。当院でも後戻りの再治療や、部分的に修正を行う時に使用し、大変助かっています。でもこの装置は大変メリットのある素晴らしい装置ですが、やはり万能選手ではなく、適応があると思っていた方が良いかも知れませんね。

(注意点として)

・歯の移動量が多いケースが苦手(抜歯ケースなど)

・移動する隙間を作る為に、歯の歯間(コンタクト)部分を削る(削れる量に制限がある)

・奥歯の噛み合わせが合わなくなることがある

・装着時間により効果が左右される

・合わなくなったマウスピース型等の矯正装置の修正は困難で、歯型をとって技工所で再製する必要がある

などなど、適正に使えばメリットの大きい治療法です。 適応症を間違えれば、遠回りになるかも知れませんので、ワイヤー矯正も念頭に入れて医院選択をしてみてはいかがでしょうか?