矯正装置についてAppliance

当院で使用する矯正装置の種類

通常の矯正治療では、歯1本1本にブラケット(ボタンのようなもの)を接着し、そこにワイヤーを通して力を加えることで、歯を動かしていきます。
ブラケットは、一般的なメタル、目立ちにくい透明なセラミック、歯の裏側に付けるリンガルをご用意しております。

メタルブラケット

メタルブラケット丈夫で安価

歯の表面に金属性のブラケットを接着する、一般矯正(唇側矯正、頬側矯正)に使用されるもっともオーソドックスな装置です。

メリット

  • 金属製のため薄くて丈夫であり、歯にかける力の調整がしやすい
  • 多くの不正咬合の症例に対応することができる
  • 他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができる
  • 金属部分に汚れがつくと曇りですぐに分かり、歯ブラシによるお手入れが比較的簡単

デメリット

  • 銀色のブラケットが目立ち、審美的に劣る
セラミックブラケット

セラミックブラケット透明で目立たない

メタルブラケットの審美的に劣るという欠点を補うために作られたブラケットです。

メリット

  • メタルブラケット同様、多くの症例に対応できる
  • 装置が透明なセラミックでできているため、目立ちにくい
  • 非金属性のブラケットなので、金属アレルギーの方でも使用可能

デメリット

  • メタルブラケットに比べ、費用はやや高い
  • メタルブラケットと比較すると、多少強度が弱く壊れやすい
  • メタルブラケットより治療期間が長くなる場合がある
リンガルブラケット

リンガルブラケット歯の裏側で見えない

歯の裏側に取り付ける、お顔の正面からは全く見えないブラケットです。

メリット

  • 装置が外側から見えないため、まわりの目を気にせず治療に専念できる
  • 歯の裏側のエナメル質は厚く、常に唾液で潤っているため、虫歯のリスクを減らすことができる
  • 唇が出っ張らず、粘膜を傷つけにくい
  • 歯の裏側の装置が舌癖防止の役目も果たしてくれる

デメリット

  • 表側から行う治療と比較すると難易度が高く、症例によって良否がある
  • 表側からと比べ、治療期間が長くかかる傾向にある
  • 表側からと比べ、治療費が割高になる
  • 慣れるまで、発音に多少の違和感が出ることがある
  • 装置が見えにくいため、歯磨きが比較的難しい