当院の治療方針当院の治療方針〜かみ合わせの再構築〜

当院の矯正治療は
「かみ合わせ重視」です

かみ合わせ重視

皆さまが無意識に噛んでいるかみ合わせは、「習慣性のかみ合わせ(咬合)」と呼ばれ、上下顎の歯が噛み合う時に、一番安定し噛みやすい位置のことを言います。 この位置は少しのズレならば問題ありませんが、ズレが大きくなると、顎が疲れたり歯ぎしりやくいしばりなどが起こりやすくなり、それによって顎関節周辺の筋肉群のバランスも崩れてしまいます。また、頭痛や肩こりといったさまざまな問題を引き起こす原因にもなります。

そのため当院では、単に歯列を矯正するだけの治療ではなく、顎関節を中心にかみ合わせを再構築する=「噛む機能を改善する」治療を基本として行っています。
たとえ歯がきれいに並び、見た目が美しくなったとしても、根本の顎関節の位置がズレたままで、上手く噛めなくなったり話づらくなってしまったりするのであれば、矯正治療の成功とは言えません。

口元が美しくなり、そしてきちんと噛めるようになること。これが当院の矯正治療の最大の目的なのです。

患者さま全員に「問題が起こるズレ」のチェックを行います

当院ではまず初診時の検査から、患者さま全員に「咬合器(かみ合わせをチェックする装置)」や「CT画像による診査」を用いて、顎関節を中心としたかみ合わせのチェックを行っています。
総合的に「問題が起こるズレ」の要因を診断することが、大変重要だと考えるためです。

咬合器(模型装着時)

顎関節症の方などには、矯正前にスプリント治療を行います

顎関節症の方などには、「問題が起こるズレ」のチェックとは別に、オーダーメイドのマウスピース状の装置を用いたスプリント治療を、矯正治療を始める前に行い、顎関節の安定を図った後に治療計画を立案するようにしております。

スプリント治療

スプリント治療の対象となる方

  1. かみ合わせのズレから顎関節に痛みや違和感のある方
  2. かみ合わせのズレが大きな方
  3. 外科矯正治療の必要な方
  4. その他、必要と思われる方
スプリント

スプリントは、実際の歯を動かす矯正に入る前に上顎に装着することで、歯の凹凸に左右されず噛む力をすべての歯に均等に負担させることができます。
顎関節に強く偏った力がかかるのを防ぐことで、関節内部の構造や下顎を安定した再現性のある位置に誘導し、矯正治療の基準となるかみ合わせの出発点を確立することができるのです。
また、「かみ合わせのズレ」からくる顎の痛みや、違和感、歯ぎしり、くいしばり、頭痛、肩こりなどを判断する診断材料にもなります。

※「問題が起こるズレ」を診断するために、スプリント治療を行う場合もあります。

院長

顎関節を出発点(中心)として、かみ合わせの状態をきちんと把握した上で矯正を行うことが、矯正治療を成功へと導く最善の方法だと考えております。