子供の矯正・大人の矯正子供の矯正・大人の矯正Orthodontic

子どもの矯正治療について

お子さまの矯正治療を希望される方へ

お子さまの矯正治療を希望される方

子どもの矯正治療は、顎の成長速度のコントロールやそのままにしておくと成長に悪い影響を与えるかみ合わせを治療します。お子さまの適切な矯正の開始時期は症状によってまちまちですが、成長期のメリットを活かすため上下の前歯がはえかわる時期に一度受診していただくことをおすすめいたします。子どもの成長は早く、適切な時期を逃さないためにも7歳ぐらいまでには一度ご相談をいただけますと幸いです。

治療の時期について

小学生
中学生

子どもの矯正治療は、次のように2段階に分けて行います。

第一期治療(6〜10歳前後/乳歯から永久歯にはえかわる頃)

乳歯と永久歯が混在するこの時期に、顎を拡げる装置や、骨格の成長を改善する装置などを用いて、かみ合わせや顎の形・大きさを整え、永久歯がきれいにはえそろうように誘導していきます。

第二期治療(13歳頃〜/永久歯がはえそろってから)

永久歯がはえそろったら、ブラケットとワイヤーの矯正装置を付けて、本格的に矯正治療を開始します。(かみ合わせによっては、あごの成長が落ち着くまで、経過観察を行う場合もあります。)

第一期から第二期治療に移行する際は、必ず事前に保護者の方へご報告させていただきますので、ご安心ください。

子どもの頃から始める矯正のメリット

①大人と比べて、無理なく治療を進めることができる

成長を利用することで、無理なくスムーズに治療を進めることができます。また、治療後のかみ合わせへの適応力にも優れているため、安定しやすくなります。

②抜歯の可能性を減らすことができる

早い時期に歯がはえてくる環境を整えてあげることで、第二期治療以降の抜歯の可能性を大幅に減らすことができます。

③痛みが少なくて済む

子どもの骨は7歳くらいまで柔軟性があるため、歯を動かしやすく、動く際の痛みも少なくて済みます。

④顎の歪みを軽減できる

成長期に不正なかみ合わせを放置していると、さらに顎の変形を悪化させてしまう場合もあります。この時期にかみ合わせを改善することで、顎の歪みを軽減できるほか、将来顎関節症になったり、外科手術でないと治らないようなケースを未然に防ぐことができます。

大人の矯正治療について

大人の矯正治療を希望される方へ

大人の矯正治療を希望される方

大人の矯正治療は、「大人になってからでは遅い」とあきらめている方や、そもそも「大人はできない」と思いこまれている方も多いと思います。確かに成長過程にある子どもの方が治療期間は短いとされています。しかし、矯正治療には患者さまの協力が必要不可欠なため、治そうとする意識の高い大人の方の方が早くきれいに治る場合も多くあります。矯正治療に年齢制限はありません。気になったその時が、歯並びを治す最大のチャンスです。ぜひ一度ご相談ください。

大人になってから始める矯正のメリット

①子どもと比べ、治療計画が立てやすい

発育という予測の難しさが少ないため、治療計画が立てやすく、自らの意思で通院やケアに積極的に取り組むことで、効率良く治療を進めることができます。

②治療の選択幅が広がる

近年は矯正の技術も装置も進歩しており、歯の裏側から行う矯正やインプラント矯正など大人だからこそ幅広い選択肢の中から、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

③健康面にも好影響をもたらす

かみ合わせが整えられることで、歯ぎしり・食いしりによる口腔周囲筋疲労による頭痛や肩こりほか、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群などの改善も期待できます。また、しっかりと噛めるようになるため、消化吸収も良くなります。

④コンプレックスを解消し、笑顔に自信!

やはりこれが一番のメリットだと思います。口元が変わればお顔の印象も大きく変わります。また、かみ合わせや歯列を治すことで、息漏れや舌の動きが改善され、発音も明瞭になります。コンプレックスが解消されれば、口元を気にせず思いっきり笑えるようになります。

大人の矯正治療には欠かせない歯科用CT

歯科用CT

近年、大人の方の矯正治療は多岐に渡り、従来のレントゲンの情報量では診断を行うことが難しくなってきていました。しかし、こちらの歯科用CTによって、従来のレントゲンでは分かりにくかった所見が、3D(立体)画像でより正確に診断できるようになりました。
当院はこの歯科用CTを院内に完備し、皆さまにより安全な治療をお届けしております。